OPENING HOURS

 

OPEN 20:00~29:00

​    (LAST IN 28:00)

CLOSE 日曜

​    (祝日はご確認ください)

ADDRESS

 

〒107-0062

東京都港区

南青山3-5-3 3F

最寄駅

表参道または外苑前

TELEPHONE

 

03-6447-4490

© ARKHAM

November 14, 2017

世界で一番黒いシングルモルトの二本です。
なぜ、世界一なのに2本かとういと、
ロッホドゥーが生産されていた頃にはクゥドゥーが生産されてなかったので、それぞれ生産時には一番黒いってこと。
両者ともマイナーなんですけど、この2本が一緒にカウンターにいるってレア×レアで、なかなか観れない景色。ジョーカー役のジャレッド・レトと、今は亡きヒース・レジャーがカウンターで一緒に飲んでるシーンが目の前にっての近いかも?なにしろロッホドゥーはマイナーな上に、生産も終了しているので、キニンヴィとかよりも、全然、まぼろし系。
このウイスキーたちは、ウイス...

July 27, 2017


1994年発売時、白州は現行のようにシングルモルト表記ではなくピュアモルトと記載されていました。
ちなみに山崎も最初はピュアモルトとして発売されました。
現在、一般的にピュアモルトはバテッドモルトやブレンデッドモルトと同じ意味で捉えらていて、複数のモルト蒸留酒の原酒をブレンドしたもの言われています。スコッチ協会では、ややこしいので、ブレンデッドモルトに統一するようになりました。
ピュアモルトと表記していたことから、このウイスキーはシングルモルトではなくて、複数の蒸留所の原酒をブレンドしているはずだって言う方もいらっしゃいますが、サ...

June 30, 2017

世界最大のウイスキー消費国であり、生産国であるインド。
インドでは日本の10倍以上の量のウイスキーが飲まれてるんですよね。
このマーケット規模の差異は、日本では考えられないウイスキーの進化を生むはずです。
さて、アムルットがモルトの蒸留所を稼働してから、もう30年。日本の蒸留所とは違って、当初は英国から専門家を招聘しコンサルしてもらって操業していました。蒸留所のあるバンガロールは高原にあり、インドの中では、まだ涼しいほうですが、温暖で乾燥しているので、熟成の際、毎年11パーセントのウイスキーが蒸発するそうです。これってスコッチの4倍...

May 17, 2017

スコッチ協会が発表した2016年トータルのスコッチ輸出金額国別ランキングです。
      (ミリオンポンド)(前年比)
1位  アメリカ            £856m  +14.2%
2位  フランス            £426m  -2.2%
3位  シンガポール        £225m  +6.4%
4位  台湾                 £175m  -4.0%...

April 17, 2017

レベル・イエール、「反逆の叫び」という名前のバーボン。
1940年代、南部ナショナリズムの高まりとともに生まれた、南部の人の為のバーボンで、発売からしばらくは南部でしか販売されていなかった。以前のラベルには剣を振りかざす南軍の兵士の絵が描かれていて、アメリカの体制に対する怒りを表していました。メーカズマークと同様に二次原料に小麦を使用したバーボンで、柑橘系の爽やかな味が特徴。
ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが愛飲していたことでも有名。
ヘブン・ヒル蒸留所で造られています。

March 27, 2017

長濱蒸留所は国内最小の蒸留所。
なんと、蒸留所の面積は8坪です。
昨年の11月から操業を始めたばかりなので、ウイスキーは、まだありませんがニューメイクを入荷しました。
ニューメイクは樽で熟成する前の蒸留しただけのスピリットで、このニューメイクはアルコール度数59度。
熟成してないので、角がとれ、樽から出る風味等は感じないで、ガツンとくる感じ。
これから、ちょっと楽しみなのは、ここの蒸留所、2リットルの樽で熟成するそうです。
樽は小さいほど、液体に接する木面の割合が増えるので熟成が早まります。
シェリー樽とかは480リットル入るので、...

March 22, 2017

ちょっと古いけど2014年のユーロモニターのデータです。

       (ミリオンリットル)
1位 インド  1,548
2位 アメリカ  462
3位 フランス  140
4位 日本    109
5位 イギリス   77
6位 スペイン      56
7位 ブラジル      52
8位 南アフリカ  47
9位 カナダ       43
10位 ドイツ       38

もうインドが圧倒的です。日本の10倍以上飲まれています。
インドってワインとかビールを、あんまり飲まないみたい...

March 21, 2017

アムルット フュージョン 50% シングル モルト ウイスキー
Amrut Fusion 50% Single Malt Whisky


いまや、世界最大のウイスキー消費国になったインド。
最大消費国なので、ウイスキーも、たくさん造っていますが、残念なことに、ほとんどのブランドは日本に輸入されていません。
インドのウイスキー造りは日本の歴史に似ていて、イミテーションから入り、輸入したスコッチとアルコールのブレンデッド、そして自国でのシングルモルト製造を行うようになりました。
アムルット フュージョンはそんなインドのウイスキーの中で、特...

March 21, 2017

スコッチ協会が発表した2016年上期のスコッチ輸出金額国別ランキングです。

      (ミリオンポンド)(前年比)
1位  アメリカ            £357.4m  +9%
2位  フランス            £193.1m  -5%
3位  シンガポール        £99.6m  +8%
4位  台湾                 £74.7m  -11%...

March 8, 2017

アメリカンウイスキーはバーボン、ライウイスキー、モルトウイスキー、ライモルトウイスキー、ブレンデッド、コーンウイスキー、ウィートウイスキーに分類されますが、このバーンハイム オリジナルが米国連邦アルコール法で認定された第1号のウィートウイスキー、ウィート(小麦)を主原料とする珍しいウイスキー。
小麦51%、コーン39%、 そして10%の大麦から造られ、一般的なバーボンよりもスムーズな甘さが特徴。 
バーボンのメーカーズマークも主原料のコーンにライ麦の代わりに小麦を使って作られていますが、そのメーカズマークよりも、より、まろやかな甘み...

Please reload

特集記事

ちょっと古いけど2014年のユーロモニターのデータです。

       (ミリオンリットル)
1位 インド  1,548
2位 アメリカ  462
3位 フランス  140
4位 日本    109
5位 イギリス   77
6位 スペイン      56
7位 ブラジル      52...

ウイスキーの消費量 国別ランキング

March 22, 2017

1/2
Please reload

最新記事